磨き方

TOP>歯の磨き方

磨き方

食育の情報 歯の豆知識 自費と保険 歯科と禁煙 咀嚼の効果 予防と薬剤


正しい歯の磨き方


◆◆◆歯の磨き方を再確認しよう!◆◆◆

歯の磨き方はこれまでにたくさんの研究者らによっていくつもの方法が提唱されてきました。どのような磨き方であれ、要はきれいになればそれでよい訳です。たくさんある磨き方の中でも特に有名で現在最も支持されているのは「スクラビング法」と呼ばれる方法です。

この磨き方の特徴は、比較的簡単で高度なテクニックを必要としないことや、他の磨き方と比較した場合、プラーク除去の効率がよいという点が挙げられます。他にも「バス法」、「フォーンズ法」と名付けられた方法や、乳歯列に適した磨き方としてよく用いる方法に「ローリング法」などがあります。
ここでは多くの歯科医院で推奨する磨き方「スクラビング法」について簡単に紹介します。


◆持ち方◆
歯ブラシのハンドルをペングリップで握ります。これは力(ちから)の入りすぎを防ぐと同時に細かい動きをコントロールするために有効な持ち方です。

ペングリップ
拡 大

◆順番◆
磨く順番を決めます。どの部位からスタートしてどこで終了するかは基本的には自由です。順番を決めるのは磨き残しが無いようにすることが目的ですので、あちこちバラバラという磨き方は良くない方法です。

順番の1例

◆歯ブラシの当て方◆
スタート地点にヘッドを軽く押し当てます。この時、歯ブラシを歯の表側は90度、裏側は45程度傾けなが歯の表面に毛先を当ててください。歯と歯ぐきの間を重点的に磨きます。

表 側
裏 側

前歯の裏側
奥歯の噛み合う面

ストロークを開始します。歯ブラシのヘッドの半分くらいが理想的なストロークの幅です。1個所につき10往復したら歯ブラシを移動します。おおむねヘッドの長さ分です。

歯の「表側」、「裏側」、「噛み合う面」すべての場所を磨いてください。これがスクラビング法の磨き方の基本です。すべての歯が生えそろっている場合ですと時間的に7〜8分かかるはずですよ!

◆◆◆歯ブラシのいろいろ◆◆◆
歯ブラシは個人に合ったものを使用することが基本です。大きさ・形・硬さなど主治医や歯科衛生士さんに相談すれば「このタイプがお勧めですよ・・・」と選んでくれるはずです。恥ずかしがらずに相談するとよいでしょう。

左の2本は子供用。
大きさ、形、硬さはいろいろです。

正面観

Contents
 TOPページ
 歯の資料館
 チェックシート
  歯周病とは?
 歯周病の原因
 歯周病治療
 歯周病と骨粗鬆症
 虫歯とは?
 虫歯の原因
 虫歯治療
 歯の構造
 歯の磨き方
 妊婦さんへ…
 赤ちゃんのお口…
 口臭の原因
 食べ物と丈夫な歯
 デンタルフロス
 歯間ブラシ
 歯磨き剤と洗口液
 歯周病と全身疾患
 発達年齢と歯科
 自閉症と歯科治療
 ダウン症候群
 歯科の心得
 歯のQ&A
Web Master
 プロフィール
 

 

[TOP]
[歯の資料館][セルフチェックシート][歯周病とは?] [歯周病の原因] [歯周病治療] [歯周病と骨粗鬆症]
[虫歯とは?] [虫歯の原因] [虫歯治療][歯の構造] [歯の磨き方]
[妊婦さんへ…] [赤ちゃんのお口…] [口臭の原因] [食べ物と丈夫な歯]
[デンタルフロス] [歯間ブラシ] [歯磨き剤と洗口剤] [歯周病と全身疾患]
[発達年齢と歯科][自閉症と歯科治療][ダウン症候群と歯科][歯科の心得][歯のQ&A]

[8020達成者][プロフィール]

サイトコンセプト   サイトマップ 

[メール]

★当WEBサイトに掲載されている画像ならびに写真等はすべて管理人自ら作成、撮影したものであり、その著作権は管理人に帰属します。
画像・写真等の無断でのご使用を禁止します。
Copyright (C) 歯の病気と健康 All Rights Reserved.