デンタルフロス

TOP>デンタルフロス

デンタルフロス

食育の情報 歯の豆知識 自費と保険 歯科と禁煙 咀嚼の効果 予防と薬剤

デンタルフロスあれこれ

◆◆◆デンタルフロスって何?◆◆◆

普段みなさんが使っている、いわゆる普通の歯ブラシ以外にも歯をお掃除する道具があります。デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシが代表的です。ここでは、デンタルフロスの使用目的と使い方を紹介したいと思います。

デンタルフロスは糸状の歯間清掃道具で、ふだん皆さんが使用している歯ブラシとは形状を異にします。歯ブラシとはちがい、歯と歯の間や接触している部分にこのデンタルフロスを滑り込ませるようにして、汚れをかき出すことを目的とした口腔ケア用品です。
各メーカーから様々なタイプが市販されています。

 

◆◆◆デンタルフロスが有効な場所とは?◆◆◆

デンタルフロスはイラストのように歯と歯の接触点を掃除するときに、その威力を発揮します。歯の接触点にデンタルフロスを通すことによって通常ブラシでは毛先が到達しない部位の清掃が可能になります。下の写真のように行ってみてください。


◆フロスの準備◆

@フロスを20cmほど引き出し、矢印方向に引っ張ってカットします。

A両手中指の第一関節付近にフロスを巻きつけます。この時あまりきつく巻かないでください。

B巻きつけたフロスを親指でつまみ、1〜2cmになるように長さを調整してください。 C人差し指と親指でフロスをつまみ、ピンとなるように張ってください。これで準備完了です。


◆フロスの使用法◆

◇奥歯の例◇
少しずつ横にスライドさせながら接触点を通過させます。 歯肉をいためますので、一度にパチン!と通してはいけません。
◇前歯の例◇
奥歯の場合と同様に小刻みにスライドさせ、歯肉部分まで挿入します。通過したら汚れを書き出すようにフロスを動かしてください。


◆◆◆デンタルフロスの種類◆◆◆

デンタルフロスにはこのような形のものがあります。使いやすいタイプを選べばよいでしょう。
また、太さや素材も様々です。歯間を通りやすくするためにワックス加工してあるものや、ミントの香りがするもの、フッ素配合のタイプもあります。どんなタイプが自分に最適か分からない時は、歯科医院を受診した際に担当医や歯科衛生士さんに相談すると良いでしょう。


Contents
 TOPページ
 歯の資料館
 チェックシート
  歯周病とは?
 歯周病の原因
 歯周病治療
 歯周病と骨粗鬆症
 虫歯とは?
 虫歯の原因
 虫歯治療
 歯の構造
 歯の磨き方
 妊婦さんへ…
 赤ちゃんのお口…
 口臭の原因
 食べ物と丈夫な歯
 デンタルフロス
 歯間ブラシ
 歯磨き剤と洗口液
 歯周病と全身疾患
 発達年齢と歯科
 自閉症と歯科治療
 ダウン症候群
 歯科の心得
 歯のQ&A
Web Master
 プロフィール
 

 

[TOP]
[歯の資料館][セルフチェックシート][歯周病とは?] [歯周病の原因] [歯周病治療] [歯周病と骨粗鬆症]
[虫歯とは?] [虫歯の原因] [虫歯治療][歯の構造] [歯の磨き方]
[妊婦さんへ…] [赤ちゃんのお口…] [口臭の原因] [食べ物と丈夫な歯]
[デンタルフロス] [歯間ブラシ] [歯磨き剤と洗口剤] [歯周病と全身疾患]
[発達年齢と歯科][自閉症と歯科治療][ダウン症候群と歯科][歯科の心得][歯のQ&A]

[8020達成者][プロフィール]

サイトコンセプト   サイトマップ 

[メール]

★当WEBサイトに掲載されている画像ならびに写真等はすべて管理人自ら作成、撮影したものであり、その著作権は管理人に帰属します。
画像・写真等の無断でのご使用を禁止します。

Copyright (C) 歯の病気と健康 All Rights Reserved.