歯周病

TOP>歯周病とは?

歯周病とは?

食育の情報 歯の豆知識 自費と保険 歯科と禁煙 咀嚼の効果 予防と薬剤


歯周病とはどんな病気か?

◆◆◆歯周病って何?◆◆◆
日本人の成人の80%が罹患していると言われる歯周病。 初期の状態では殆ど自覚症状が無いために発見が遅く
なりがちで、ある程度進行しますと完全治癒することが
難しくなります。

歯周病のための定期健診を行う習慣が
無いことが歯周病の罹患率を高くしている要因の1つだ
といわれています。歯周病は、歯槽骨と呼ばれる歯を支える骨が吸収してなくなっていく病気です。

歯槽骨が著しく吸収していきますと、やがて歯を支えられなくなるため抜歯の対象
になります。抜歯する前に自然に抜け落ちてしまう場合もあります。歯周病の進行
ステージを大まかに分けますと以下のようになります。


 健康な状態
歯槽骨が歯根(歯の根っこ部分)全体を取り囲み、歯ぐきが引き締まっている状態で、歯が動揺する(ぐらぐらする)事がありません。また、歯と歯ぐきとの溝が浅く少々の刺激では出血することもありません。
 歯周病の初期
歯槽骨の吸収が歯根の上部に見られる状態です。このステージでは歯ぐきの炎症も見られることが多く、ブラッシング時には出血することがよくあります。歯槽骨の吸収が歯根の上部のみに見られる程度では殆どの場合歯は動揺しません。
口臭はこの初期の段階からみられます。歯と歯ぐきとの溝も深くなり始めますが、これを「歯周ポケット」といいます。
 歯周病の中期
歯槽骨の吸収が歯根の約半分(中央付近)まで進んでいる状態です。ここまで進行してきますと、出血以外に歯ぐきの腫れ、自発痛、排膿などが起きてきます。
歯も動揺し始め急激な痛みによって咬むことが困難になることが増えてきます。ほとんどの方はこの段階で初めて異常に気付き歯科を訪れます。
 歯周病の末期
歯根の先端付近まで歯槽骨が吸収している状態です。軽く風を吹きつけただけでも歯が揺れてしまうこともよくあります。中期の症状に加えて噛み合わせが崩れることも多く、腫れ、自発痛、排膿、出血、動揺などの個々の症状が強く出る傾向にあります。この段階では歯を残すことはできないケースがほとんどです。
Contents
 TOPページ
 歯の資料館
 チェックシート
  歯周病とは?
 歯周病の原因
 歯周病治療
 歯周病と骨粗鬆症
 虫歯とは?
 虫歯の原因
 虫歯治療
 歯の構造
 歯の磨き方
 妊婦さんへ…
 赤ちゃんのお口…
 口臭の原因
 食べ物と丈夫な歯
 デンタルフロス
 歯間ブラシ
 歯磨き剤と洗口液
 歯周病と全身疾患
 発達年齢と歯科
 自閉症と歯科治療
 ダウン症候群
 歯科の心得
 歯のQ&A
Web Master
 プロフィール
 


[TOP]
[歯の資料館][セルフチェックシート][歯周病とは?] [歯周病の原因] [歯周病治療] [歯周病と骨粗鬆症]
[虫歯とは?] [虫歯の原因] [虫歯治療][歯の構造] [歯の磨き方]
[妊婦さんへ…] [赤ちゃんのお口…] [口臭の原因] [食べ物と丈夫な歯]
[デンタルフロス] [歯間ブラシ] [歯磨き剤と洗口剤] [歯周病と全身疾患]
[発達年齢と歯科][自閉症と歯科治療][ダウン症候群と歯科][歯科の心得][歯のQ&A]

[8020達成者][プロフィール]

サイトコンセプト   サイトマップ 

[メール]

★当WEBサイトに掲載されている画像ならびに写真等はすべて管理人自ら作成、撮影したものであり、その著作権は管理人に帰属します。
画像・写真等の無断でのご使用を禁止します。

Copyright (C) 歯の病気と健康 All Rights Reserved.