妊婦

TOP>妊婦さんへ…

妊婦

食育の情報 歯の豆知識 自費と保険 歯科と禁煙 咀嚼の効果 予防と薬剤


妊婦さんへのアドバイス

◆◆◆妊婦さんはお口の病気になりやすい!◆◆◆

妊婦さんが歯肉炎や歯周病になりやすかったり、虫歯が発生しやすくなるのは本当です。わかっていながらもつい、お口のケアを怠ってしまう妊婦さんがほとんどではないでしょうか。妊婦さんにとって自分の命よりも大切な「赤ちゃん」がおなかにいるわけですから、お口の中は後回しになりがちのようです。

私の医院にも多くの妊婦さんが来院されます。その際、必ず妊婦さんにアドバイスさせていただく内容を最後にいくつかご紹介しますので、参考にして下さい。

 

◆◆◆妊婦さんがお口の病気になりやすい理由とは?◆◆◆

「つわり」がひどくて歯磨きできない。妊娠初期ではこのような妊婦さんが多くいらっしゃいます。歯ブラシを口の中に入れたことで吐き気を誘発してしまい、ブラッシングができなくなってしまう傾向にあります。極端な例では歯ブラシを想像しただけでも嘔吐してしまう方もいらっしゃるようです。

ご存知かと思いますが、お口の病気は虫歯・歯肉炎・歯周病などが大半を占めます。そしてその原因になっているのはプラーク(細菌とその代謝産物のかたまり)です。歯磨きによってこのプラークが除去できないことが虫歯・歯肉炎・歯周病につながります。


◆◆◆女性ホルモンの影響◆◆◆

妊娠すると増える女性ホルモンを利用して、歯周組織の炎症を引き起こしやすくする細菌がいるといわれています。様々な視点から研究がなされていますが、不明な点も多いようですが、女性ホルモンを利用して増殖する細菌の数が増しますと、歯周組織の炎症を引き起こすことは確かなようです。


◆◆◆私から妊婦さんへのアドバイス◆◆◆

◆その@◆
「つわり」がひどくてブラッシングがしにくいときは、補助として積極的に「マウスウォッシュ」を使いましょう。

◆そのA◆
唾液中には殺菌作用のある酵素が含まれています。砂糖ではなく「キシリトール」入りのガムを時々咬んで、唾液の分泌を促進するとよいです。

◆そのB◆
妊娠後期の妊婦さんは食事や間食の回数が増える傾向にあります。デンタルフロスや、歯間ブラシを積極的に使用しましょう。

◆そのC◆
出産までにお口の病気を治すには早期発見・早期治療が欠かせません。自覚症状がなくても、ぜひ定期健診を受けてください。母子手帳には歯の検診結果を記入する欄があるはずです。

◆そのD◆
歯と骨の丈夫な赤ちゃんを出産するために必要な食べ物がこれです。好き嫌いもあることでしょうが、できるだけバランスよく摂取しましょう。

カルシウムの1日の摂取の目標は、妊婦さんの場合は800mgです。

カルシウムを多く含む食品(食材100g中のカルシウム量)
乳製品
 牛乳100mg、チーズ740mg、ヨーグルト110mg
大豆製品
 豆腐100mg、がんもどき270mg、油揚げ300mg
魚介類
 いわし100mg、さんま80mg、ひじき1400mg
野菜類
 小松菜290mg、かぶの葉200mg、しそ200mg

 

Contents
 TOPページ
 歯の資料館
 チェックシート
  歯周病とは?
 歯周病の原因
 歯周病治療
 歯周病と骨粗鬆症
 虫歯とは?
 虫歯の原因
 虫歯治療
 歯の構造
 歯の磨き方
 妊婦さんへ…
 赤ちゃんのお口…
 口臭の原因
 食べ物と丈夫な歯
 デンタルフロス
 歯間ブラシ
 歯磨き剤と洗口液
 歯周病と全身疾患
 発達年齢と歯科
 自閉症と歯科治療
 ダウン症候群
 歯科の心得
 歯のQ&A
Web Master
 プロフィール
 


[TOP]
[歯の資料館][セルフチェックシート][歯周病とは?] [歯周病の原因] [歯周病治療] [歯周病と骨粗鬆症]
[虫歯とは?] [虫歯の原因] [虫歯治療][歯の構造] [歯の磨き方]
[妊婦さんへ…] [赤ちゃんのお口…] [口臭の原因] [食べ物と丈夫な歯]
[デンタルフロス] [歯間ブラシ] [歯磨き剤と洗口剤] [歯周病と全身疾患]
[発達年齢と歯科][自閉症と歯科治療][ダウン症候群と歯科][歯科の心得][歯のQ&A]

[8020達成者][プロフィール]

サイトコンセプト   サイトマップ 

[メール]

★当WEBサイトに掲載されている画像ならびに写真等はすべて管理人自ら作成、撮影したものであり、その著作権は管理人に帰属します。
画像・写真等の無断でのご使用を禁止します。

Copyright (C) 歯の病気と健康 All Rights Reserved.